HOME »目で聴くテレビとは »受信料納入のお願い

受信料納入のお願い

受信料についての大切なお知らせ   [契約約款1pdf 2.06 MB] [契約約款2pdf 1.85 MB]

受信申し込み期間延長についてのお知らせ(2008年7月1日)

目で聴くテレビでは、今年4月から受信料の仕組みと金額を改め、受信料のお支払いと受信申し込みをしていただいた方に番組をごらんいただくこととし、6月末までを「受信申込期間」としてまいりました。
しかし、受信料をお支払いいただいた方のなかでも、「お申し込み」による「アイ・ドラゴン」製造番号登録をされていない方がかなりいらっしゃいます。

当初、7月1日から、受信料をお支払いいただいた方の受信機製造番号を個別に管理して送信する「個別受信管理体制」に移行する予定にしていましたが、製造番号の登録がなければ受信料をお支払いいただいた場合でも目で聴くテレビをご覧いただけな
くなってしまいます。
こうした事態を避けるために、申込期間をしばらくのあいだ延期し、7月1日からの実施を予定していた個別受信管理体制への移行を延期することにいたしました。
受信料のお支払いと受信申し込みがまだの方は、この間にお手続きいただきますよう、よろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------------------------------------------

「目で聴くテレビ」では番組制作費のほか通信衛星利用料や衛星送信費など、本来年間5~6千万円の費用が必要ですが、国の支援がほとんどない状況のもとで、財政は深刻な状況に陥っています。
これまでは「アイ・ドラゴンⅡ」の普及を最優先にするために、受信料を1ヶ月315円と低額に設定し、なおかつみなさまの任意のご協力をお願いするという形をとってきましたが、これでは必要な費用を到底まかなうことができていません。制作経費節減の努力や協力企業の協力も限界に達してきています。
今後も「目で聴くテレビ」を続けていくためには、「聴覚障害者の情報ネットワークとして、利用者自らが支える」という事業の立脚点をあらためて明確にして、より多くのみなさまに番組をごらんいただき、受信料で支えていただく以外にありません。
今後とも「目で聴くテレビ」のスタッフ一同よりよい番組作りに全力を尽くしてまいります。みなさまのこれまで以上のご理解とご協力を心からお願い申し上げます。
くわしくは、まもなくみなさまのお宅にお送りする「お知らせ」をごらんください。

その1 完全有料化になります 受信料をお支払いいただかないと、「目で聴くテレビ」をごらんになれません
※受信料の対象は「アイ・ドラゴン」などでごらんになる通常番組やリアルタイム字幕放送、災害時の緊急放送とそれをお知らせする緊急信号受信のすべてです。
その2 受信料が1ヶ月525円、1年間6,300円になります
※「お知らせ」に同封する「受信申込書」をお送りいただき、郵便振替で2008年度受信料6,300円(税込み)をお支払いください。
 
2008年6月30日までは、新方式への移行期間とし、「受信申込」「受信料支払」がまだお済みでないみなさまも、これまでどおり「目で聴くテレビ」をごらんいただけます。
 

 


お問い合わせ先
NPO法人CS障害者放送統一機構 カスタマーセンター
FAX 06-4801-9316 TEL 06-4801-9730 〒530-0044 大阪市北区東天満2-7-12 スターポート