HOME »目で聴くテレビとは?

目で聴くテレビとは?

手話と字幕の番組  「目で聴くテレビ」とは?


世界のろう者のオリンピック 
デフリンピックメルボルン大会(2005年1月)



「目で聴くテレビ」は、聴覚に障害のある方のための放送局です。
1995年の阪神大震災の教訓をふまえ、
全日本ろうあ連盟、全日本難聴者中途失聴者団体連合会
などが中心となり、
98年からCS放送(通信)をスタート。
聴覚障害者自身がキャスターや
カメラマンとして番組制作に参加。
ニュースや地域の話題からスポーツ、手話学習
災害時の情報まで、手話と字幕をつけて
さまざまな情報をお届けしています。

 

 

 

「アイ・ドラゴン」普及数
●約9800台  (2008年1月現在)
 「アイ・ドラゴンⅡ」普及数 約8800台
 旧「アイ・ドラゴン」普及数 約1000台